食物アレルギー



下記の緑の部分または絵をクリックするとさらに詳しい情報に移動します



食物アレルギー・湿疹と気管支喘息との関係は以前より言われていました。姫路での小学生新入生アレルギー調査でも食物アレルギー・湿疹(アトピー性皮膚炎)がある児は気管支喘息が有意に多いことが判明しています。この論文はオーストラリアからのですが、既に食物アレルギーが治(なお)っていても喘息発症の危険が高いとの報告です。この論文だけでみると心配ばかりですが、実は姫路市の小児喘息の患者さんは減少しています。先日食物アレルギーの大家である海老澤元宏先生が姫路で講演されたときに相模原市でも小児の喘息患者さんが減少しているとのことでした。何故なのでしょうか。考えられる理由の一つが湿疹(アトピー性皮膚炎)が減少していることがあげられます。姫路市では小学校新入生の湿疹のある児は平成7年(1995年)の時と比べて約半数まで減少しています。また最近は出来るだけ早期に湿疹の治療・予防が行われるようになっています。このような湿疹の改善が喘息児の減少に繋がっている可能性が十分あります。私も含めてさらにアレルギー患者が減少するように努力したいと思います。

Evelien M. Vermeulen  Food Allergy Is an Important Risk Factor for Childhood Asthma, Irrespective of Whether It Resolves  J Allergy Clin Immunol Pract 2018;6:1336-41







この論文はアトピー性皮膚炎のサイトでも紹介しましたが、食物アレルギーとも関係がありますのでここでも紹介します。

ヨーグルトは健康に良いと以前から言われています。アレルギー疾患に関する論文も多くあります。 この論文は乳児期のヨーグルト摂取習慣が5歳時のアトピー性皮膚炎、食物抗原感作の予防に効果があるという論文です。
Shoda T Yogurt consumption in infancy is inversely associated with atopic dermatitis and food sensitization at 5 years of age: A hospital-based birth cohort study. J Dermatol Sci. 2017 May;86(2):90-96.








ゴマアレルギーは血液で調べるとかなりの患者さんが陽性に出ます。しかしその多くは数個のゴマを食べても大丈夫のようです。しかしゴマダレのように大量に含まれている食品には反応することが多いです。実際重篤な症状を起こした例が学校現場から報告されています。EU、米国、オーストラリア、ニュージランドでは食品にゴマの表示が義務づけられているこがこの論文に記載されています。しかし日本では推奨のみです。ゴマの負荷試験に関する論文は少なく、日本語の論文では見つかりませんでした。海外の論文でも多くはありません。この論文は数少ない論文の一つです。私にとっては大変役立つ論文ですし、患者さんにとっても参考になると思います。

Food Chem Toxicol. 2015 Sep;83:48-53. doi: 10.1016/j.fct.2015.05.011. Epub 2015 May 30.
Sesame allergy threshold dose distribution.
Dano D1








van Odijk J High frequency of IgE sensitization towards kiwi seed storage proteins among peanut allergic individuals also reporting allergy to kiwi. Clin Mol Allergy. 2017 Nov 1;15:18.

ピーナツアレルギーは比較的多いアレルギーです。最近の文献でピーナツアレルギーとキウイアレルギーと関連していることが報告されています。。








 

食物アレルギーは皮膚から 今最も重要なことです。食物アレルギーの原因が皮膚の湿疹によることがほぼ確実になりました。以前は皮膚の湿疹は食物によると言われていました。それが全く逆になったのです。

 


乳児アレルギー、加水分解乳(低アレルギー乳)で減らず

Boyle RJ,et al.Hydrolysed formula and risk of allergic or autoimmune disease: systematic review and meta-analysis.BMJ. 2016 Mar 8;352:i97

加水分解乳が一時アレルギー予防のためによく用いられていました。しかし最近この加水分解乳の論文を多数集めて解析(メタアナライシス・システミックレヴュー)したところ、あまり効果がないことが判明しました。これを受けて日本の食物アレルギーガイドラインでは既に、アレルギーの予防のための加水分解乳を勧めていません。







海外旅行時の機内食は食物アレルギーをもっている方にとっては重要な問題です。2018年3月8日に全日空の方から講義を受けました。7品目アレルゲン(小麦、蕎麦、乳製品、卵、落花生、えび、かに)対応食、27品目アレルゲン(小麦、蕎麦、乳製品、卵、落花生、えび、かに、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、ごま、カシューナッツ)対応食を幼児食と大人用で準備されているそうです。毎年4500人からリクエストがあるそうです。

 

エピペンの機内持ち込みについても教えて頂きました。原則的に機内持ち込みは可能ですが、空港での保安検査をスムースに行うためには医師の証明書または処方箋がある方が良いとのことでした。機内に医師が居れば使用できる薬品のリストが公開されています。




離乳食で卵とピーナツを早期に与える方が卵アレルギー、ピーナツアレルギーを予防できるかもしれないというシステマティックレヴィユとメタアナライシスの論文です 2018/03/07

Timing of allergenetic food instroduction to the infantdiet and risk of allergic or autoimmune disease A systemic review and meta-analysis Lerodiakonou D JAMA 2016 316 1181-92





経口免疫療法のメカニズムの総説です。本来は難解ですが、比較的解りやすく解説されています。2018/03/07


Kulis MD Immune mechanisms of oral immunotherapy JACI 2018 141 491-8


経口免




食物アレルギーの文献ではありませんが、妊娠中・授乳中の母親の食事とお子さんのアレルギー疾患との関係についてのレヴィユ-です。

Netting MJ Does maternal diet during pregnancy and lactation affect outcomes in offspring Systemic review Nutrition 2014 30 1225-41





母親がピーナツを摂取しながらの母乳と児の早期(1歳まで)ピーナツ摂取がピーナツ感作リスクを下げる

Reduced risk of peanut sensitization following exposure through breast-feeding and early peanut introduction



食物アレルギーのある人はビタミンDのサプリメントとしての摂取が、食物アレルギーを改善する可能性がある

Polymorphisms affecting vitamin D-binding protein modify the relationship between serum vitamin D (25[OH]D3) and food allergy




1歳時のアレルギー感作のないアトピー性皮膚炎は 3歳時の喘息のリスクと関連しない。1歳時のアレルギー感作のないアトピー性皮膚炎は3歳時の喘息のリスクと関連しない。しかし1歳時のアレルギー感作のあるアトピー性皮膚炎は3歳時の喘息と食物アレルギーのリスクを予測できる。

Tran MM Predicting the atopic march Results from the Canadian Healthy Infant Longitudinal Development Study JACI 2018 141 601-7.

 

人工乳を与える時期が遅いと牛乳アレルギーのリスクが高くなる という日本人が執筆した英語の論文を紹介します。             

Onizawa Y The association of the delayed introduction of Cows milk with IgE-mediated cows milk allergies JACIP 2016 4 481-490.

 


離乳食とアレルギー  最近この問題がクローズアップされてきています。オーストラリアのガイドラインでの離乳食とアレルギーについて紹介します。

 

 2018年2月に撮影しました

 マックスバリュでアレルギー対応食品を売っているのをご存知ですか。やさしごはんシリーズで卵。牛乳、小麦、エビ、カニ、ピーナツ、そばの7品目が含まれていません。隣の城の西店行って買ってみました。「トマトたっぷりブラウン風ソース」「スパゲッティタイプ」「ホワイトソース」の3つを買って試食してみました。スパゲッティタイプにホワイトソースをかけて食べました。結構良い味でした。トマトたっぷりブラウン風ソースもしっかりした味でとてもアレルギー用食品とは思えない美味しくてこれならアレルギーのお子さんと家族一緒に同じ食べ物を食べられて、お子さんが喜ばれると思います。マックバリュもよくやるなと感心しました。


牛乳アレルギーの児が牛乳を飲みやすくするミルクマジック という製品があります。少量しか飲めない人には不向きですが、100ml以上飲めるが嫌いな人には便利でです。